ATM利用時の注意事項~バンコクから、日本の口座から引き落としてみる☆

海外旅行へ来た時に、
必要なのは、現地通貨ですね。
私は、現地でATMをよく利用します。
バンコクのATMは、手数料が高くて
一回の引き落としに、
50THBもかかる・・・(500円弱程度)のです。

しかも、一回の引き落としの制限があって、
(ミニマムは1000THB)
25000THB~30,000TB程度まで
等、銀行により(機械により)色々です。

機械によって、一度の引き落とし限度額が違います。

なので、よくよく考えて引き落としをするわけですが、
週末や早朝にかけて、割とあるのが、
「ATMに現金が入ってない・・・・」という事態です。

私は、楽天銀行を利用して引き落としていますが、
この、ATMに
現金が入っていなかった時が、曲者です。
だって・・・・((+_+)) 一度、楽天銀行の
口座から、引き落とされてしまうんです。

どういうことかというと、ATMの残高が無く、
現地通貨(現金)を手にすることが出来なくても、
自分の口座からは、いったん残高から引き落とされる・・・・
という事です。

P6090558
写真のATMは、イメージです。

私は、銀行の隣に設置されているATMや、
コンビニ脇のATMなどで、
数回この事態に遭遇しました。
初めはびっくりしましたが、慣れました・・・(ーー゛)

そして、消えた口座の残高は、
数日後に、ようやく返金されます。

この間、銀行に問い合わせても、急いで返金されるとか、
そういう対応は してもらえないので、
海外旅行で、2,3度こんな事態に立て続けにあってしまったなら、
現金不足…なんてこともありうるわけです。

そんなこんなで、改善してほしい部分は、
色々あるわけですが、
楽天銀行利用の利点は、
日本国内の手数料が不要という理由です。

CITIバンクなどでは、現地ATMの手数料以外に
国内口座の引き落とし手数料も必要ですが、
楽天銀行は、それが不要なため、 利用しています。

しかし、引き落としが、瞬時にされるのは、
通常は便利で良いのですが、 それが出来るなら、
引き落とされなかった分の確認、返金作業も
もっとスムーズに出来ないのかなぁと思います。

ちなみに、VISAデビットでお買い物をした場合
為替レートの調整分が、再度調整されて
口座に払戻 or 引き落としとされます
これが、引き落とされると、
なんだかとっても損した気分になるんです・・(^_^.)
でも、戻ってくることもあります(*^-^*)



Sponsored Links



Sponsored Links



関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る