タイ バンコク インターナショナルスクール事情

タイのバンコクは、 世界でも、

インターナショナルスクールの数は有数と言われています。

 

名門スクールも、いくつもあります。

 

イギリスにある全寮制の伝統校の

バンコク校など、

色々選択肢はあります。

 

学費は、多少学校によって結構違いますが、
年間で150~250万円前後の所が多いようです。

タイでは、経済的にある程度ゆとりのある家庭では
インターナショナルスクールで、教育を受けさせることが
ステータスでもあるようで、
どの学校も、タイ人の比率はかなり高いです。

broms[1]

 

 

 

日本人の割合は、学校によって、差があるようです。
当然ですが、英語が日常会話位は出来ないと、
学校からの都度都度の連絡や、年に数回行われる
学校行事、面談、全て英語で行われるため、
非常に不安を抱えることになります。

 

 

ですが、日本人のサポーターがいる
インターナショナルスクールもあるため

少々英語に不安のあるご両親なら、

日本人サポーターのいる学校を
選択するのも、ありかも知れません。
但し、そういう学校は、日本人の比率が多少高いです。

 

 

また、インターナショナルスクールでは、
先生が割と入れ替わります・・・・。
ですから、先生個人も大切ですが、
学校のカリキュラム等を

しっかり選択することが大切になります。

 

 

国際基準のカリキュラムや、
イギリス系なのか、アメリカ系なのか、
それ以外(インド系やシンガポール系等々)なのか・・・・

駐在で海外をもう少し異動する予定があるなら、
その時にも適応できる選択をしなければなりません。

 

 

学校によっては、寮がありますので、

ご子息の年齢や状況によっては、
卒業まで通学することができる環境も持っている学校もあります。
(海外から寮に入って、タイのインターナショナルスクールに
通っている子もかなりいます)

 

もう一つ、最後に。
バンコクの中心地、および中心地近くにも
いくつものインターナショナルスクールがあります。

 

 

通学には便利ですが、学校によっては、
少々庭が狭いんです
少し中心地を外れると、

その問題が解消される場合もあります。
[normal_box color=”blue” border=”b2″]まとめると、学校を選ぶときの基準は、
・カリキュラム
・学校の環境
・通学の便
・進学の状況
・日本人サポーターの有無
[/normal_box]
・・・などでしょうか。

 

 

インターナショナルスクールに通う選択をするという事は、
親もそれなりの覚悟が要りますね・・・・

子どもの日本人としてのアイデンティティの形成、
漢字や日本の歴史など一般的な教養の問題等々・・・
英語が出来れば、漢字は出来なくてもOKではないですから。。。
することが増えるんです・・・

 

 

皆さんのお子さんの今と、

将来が素晴らしいものとなりますように!

 

 



Sponsored Links



Sponsored Links



関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る