タイの最強パワースポット~エラワンへ行こう!

通称「エラワン」は、「ターオ・マハープロム」のこと

バンコクのグランドハイアットエラワンの前にあるプラフマー神の祀られている祠が、
通称エラワンと呼ばれて、世界中から参拝者を集めている
パワースポットです。

満願成就のお礼参りの「奉納舞」は、ほぼ絶え間なく捧げられ、
宝くじが当たったとか、良い結婚が出来たなど、海外からのツアーもあるほど。
門前には、宝くじ売り場があり、参拝後に購入する人も多い場所です。

地元タイの人々も、乗車中のバスの中から、運転中の車から(タクシーの運転手さんも)など、
とにかく、通りがかりでも手を合わせる人が目立ちます。
こんな風に、信仰心のあついタイならではの光景も見る事が出来ます。

erawan7

 

erawan8

BTSチットロムで降りて、セントラルワールド方面に向かって歩き
(スカイウォークでOK)、ラチャプラソン(デパート)を抜けてスカイウォークを降りると
ラチャプラソンを降りて、左手側すぐに、エラワンがあります。

erawan23

 

バンコクへ観光に初めて来た方でも、大きなセントラルワールドの交差点の所、
大通りに面した所にあるので、非常にわかりやすいため、
迷うことも無く安心、簡単に参拝に来る事が出来ます。

erawan21

 

 

参拝前の準備をしよう!

せっかく、鉄板級のパワーと言われているパワースポットでお参りするのですから、
しっかり準備をしてまいりましょう!

ヒンドゥー教のプラフマー神は、4面の神様。
ですので、お供えするお花も4つそろえる必要があります。

ひとつ50THB程度から大きさやお花の種類によって、エラワンの前に沢山並んだ屋台で
手に入れる事が出来ます。
私は、一つ50THBの花輪を4つ購入しました。

erawan5

お供え用のろうそくとお線香をサービスでつけてもらえました。

erawan6

屋台では、ガンガン声をかけてきますが、
自分のペースで気に入ったものを探して買いましょう!

erawan22

ラチャプラソン前からずらーっとお供え物を扱う屋台が並んでいます。

また、付近では、外国人観光客を狙った『ぼったくり犯』がうろうろしていますので、
法外な値段では購入しないようにしましょう。

プラフマー神は、4つのお顔を持つ神様

erawan19

日本では梵天様と言われるプラフマー神
手に持つものに合わせてお祈りをすると効果的だと言われています。

 

erawan11

正面のお顔は数珠=知恵

 

erawan12

左側のお顔は、小壺=財産

 

erawan13

後ろ側のお顔は笏=仕事

 

erawan10

右側のお顔は、聖典ヴェーダ=学問

 

参拝の作法は・・・

タイでの参拝の作法は、
1.正座をし、3回合掌礼をする。
(手を合わせて、床に頭をつけるを3回)

2.ろうそくとお線香に火をつける

3.お線香とお花を持って、お祈りをする。
お祈りをしたら、お線香はお線香たてに、お花は花立に
お供えをします。

4.正座をして、再度3回合掌礼をして終わりです。

erawan16

 

erawan17

 

奉納舞も美しいエラワン

民族衣装を着たタイの女性たちが、お礼参りの方たちの後ろで踊る奉納舞。

erawan14

 

 

erawan15
この奉納舞が、ほぼ途切れることなく行われているのは、
エラワンのパワーが強い証でもあるのでしょう。
奉納舞は、いくつか種類があるようで、踊りを踊る人数が違うことがありました。
お礼参りの方の選択によるようです。

参拝は早朝から夜遅くまで可能です

erawan20

朝6時から夜11時まで参拝が可能

参拝時間をはずれると門が閉まってしまいますが、
朝6時から夜11時まで参拝が可能なので、忙しい旅行のスケジュールでも、
十分ゆっくり参拝をする事が可能ですね。

 

えらく煙かったです・・

エラワンは、参拝客が大変多いので、お線香の煙は尋常じゃありません(@_@)
だって、スカイウォークから見ても、煙がモクモクしているのがいつも見えるほどです。

erawan24

それも、良い匂いのお線香ではなく、ただ煙が出ているものが多いせいもあって、
参拝後は、自分の全身と髪の毛から、煙臭さをずっと感じてしまう始末。

この煙も、参拝者の邪気なりを浄化してくれるものと思います♪

エラワンは、神通力が強いため、願いを明確にする必要があると言われていますので、
参拝に行く際には、お願い事を明確にしてから行くと良いでしょう。

満願成就して、お礼参りができる日が来るのが楽しみです(*^^)v



Sponsored Links



Sponsored Links



関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る