ANAカードでなくても、その上マイレージ移行手数料がなくても、高還元の「漢方カード」の使い道とは?!

ANAのマイレージを貯めるなら、 やはり、
ANAカードは、通常のカードよりも貯めやすい事が、
一般的には多いものの、ANAカードも種類によっては、
マイレージの移行手数料が、かかってしまう・・ということも。

PAK92_ryokousya20140208500

マイレージの移行手数料もなく、
高還元率で、ボーナスポイントもあるのが
漢方カード

y4-sbメリットその1
漢方カードの最大のメリットは、

移行手数料無料なのに、
通常払い→1.05%
リボ払い→1.35%

ANAカードの
10マイルコース以上の還元率!

更に、年間の利用額に応じて、
ボーナスポイントもあるので、
実質さらに、上乗せの還元率ということに。

 

y4-sbメリットその2
 電子マネーnanacoのチャージでもポイントが貯まる!
nanacoのチャージでも、1.75%の満額がポイントにチャージされ、
nanaco利用分も、nanacoにポイント還元されるので、
ポイント二重取り(*^-^*)

また、モバイルsuicaのチャージでもポイントが満額チャージされます。

つまり、nanacoへ、漢方カードでチャージしたら、
コンビニで税金や電気料金などの中々ポイントになりにくい、
でも絶対に出て行く公共料金や、通販の支払い、旅行代金等も
ポイントに還元されるわけです。

公共料金の支払いでは、
nanacoのポイントはつきませんが、
チャージの際のポイントで、マイレージへの還元が可能なので、
マイラーには、とても有利な一枚です!

また、年会費も、Jデポという
漢方スタイルカードのポイントで
年間の利用金額がある程度あると、
相殺されてしまうので、実質無料に
する事が出来ます。

VISA,JCB共に、nanacoポイントのチャージで
マイレージへ移行可能なポイントが付きます。
(楽天カード、楽天プレミアムカードも
nanacoのチャージでポイントが獲得
できますが、JCBのみです。

楽天は、VISAでは、チャージされないのでご注意を)
漢方スタイルクラブカード



Sponsored Links



Sponsored Links



関連記事

sponsored link
ページ上部へ戻る