ANAマイレージを貯めるってどういうこと?~概要編

 

マイレージを貯めるには、まずは、
希望の航空会社のマイレージサービスの会員になる必要があります。

マイレージ会員になるのは、
無料で、年会費などもかかることはありませんので、
飛行機に乗ったときに、なんとなくマイレージの会員になって、
その後、どう貯めてどう使っていいのか
わからずに放置…という方も多いと思いますが、
普段の生活でも、かなり貯めていくことができますので、
是非是非、じょうずに使っていただきたいと思います!

ELL85_rondonnomachinami

JAL,ANA,デルタ、ユナイテッド・・・・
たくさんの航空会社のマイレージサービスがありますが、
どの航空会社を選んだらいいでしょう?

まずは、自分が飛行機に乗るとすれば、
どの路線に乗ることが多いのか?という事を
整理する必要があります。

せっかく、マイレージを貯めても、
使いたい路線を持つ航空会社でなければ、
マイルを貯める意味が、さみしくなってしまいます。

 

また、マイルの使い道は、
特典航空券やアップグレード以外にも、
ANA,JAL各社の旅行やショッピングモール、
提携ポイント(nanaco,スターバックス、楽天など)に
移行して使うなど色々あります。
1マイル当たりの換算価値を考えた場合に、
特典航空券などで利用する方がお得ですが、
使える所が本当に幅広いというのも、
マイレージプログラムの、人気の理由です。

また、JALなら、JALを含め11社の加盟するワンワールド
ANAなら、27社の加盟するスターアライアンスに分かれますが、
提携している航空会社の飛行機に搭乗する際にも
マイレージは加算されますし、貯まったマイルを、
加盟航空会社での利用することも可能です。
(マイルを利用する時には、必要マイル数が異なります)

どこのマイレージの会員になるかを決める必要があるのは、
別々に貯めたマイルは、いくら同じアライアンスであっても、
後から合算するという事ができないからです。

(例えば、ANAとユナイテッドのマイルを
合算する事が出来ないということです)

 

また、マイレージを貯めていくうえで、
クレジットカードは、あったほうが、
効率よく貯めることができますが、
必ずしもなくてはならないものではありません。

マイレージの会員になっていれば、とりあえず、
フライトでのマイレージを貯めていくことができます。

 

amc-card
クレジットカードをマイレージの提携カードで利用することで、
マイレージは、かなり効率的に貯めることができるので、
普段クレジットカードを、利用する方なら、
提携カードの利用は、お勧めです。

還元率もカードによって、かなり違うので、
カードを決める際には、必ずチェックをしてください。

 

マイレージを貯める方法 ~ANA~

・提携航空会社も含めたフライト搭乗

・ 提携ホテルの利用

・提携ショッピングモールの利用
・・・ANAモールからの利用でマイルの二重取りも可能
この時、クレジットカードの利用等でさらにマイル獲得

 

・電子マネーEdyの利用
・・・Edyをアプリで利用しても、登録しておけば
200円に1マイル(キャンペーンや提携店で違う場合も)獲得
Edyは、チャージでマイルを獲得できるカードが限られいるので
要チェックです。

・提携銀行の利用
・・給与の振り込みや引き落としでマイル獲得

・提携ポイントサイトのポイントをマイレージへ

 ・提携レストランやショップでのお買い物

等々、様々な生活のシーンで、
マイレージを貯めていくことができます。



Sponsored Links



Sponsored Links



関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る