釜山タワーはとても爽快(#^^#)

釜山タワーって、実は日本語(日本人から)の呼び方で、
韓国の方たちに「釜山タワー」って言っても分からないことが結構あります。

韓国では、釜山タワーのある公園を龍頭山公園(よんどぅさん・こんうぉん)
釜山タワーを「よんどぅさんタワー」と呼ばれています。

釜山に行くまでは、現地でも釜山タワーと呼ばれていると疑いもせずにいたので、
最初はわからなかったくらいです。
外国語読み、って言うわけでもないのですが、面白いですね。

釜山タワーのある龍頭山公園へ!

art2

南浦洞辺りを歩いていると、緑色の屋根の付いた階段があるのですが、
その階段を上ってくると、釜山タワーのふもとに出ます。

写真左手にうつっている緑の丸い屋根が、その階段です。

階段を出たところに小さな小屋が沢山ありますが、色々なアーティストたちのお店です。

 

art1
小さな建物も、アートのように装飾されているものもあり、芸術の街釜山らしいですね。

 

tower1
先ほどの緑の屋根&アーティストの小さなお店を左手に、右側を見ると、
すぐに釜山タワーへあがっていく階段があります。

 

 龍頭山公園到着♪

tower2
大した階段でもないので、到着!!・・いうほどではないのですが、
一番下から考えると、結構ありましたよ♪
韓国の歴史建築物のような建物があったり、良い具合に「韓国」の空気を楽しめる感じですね。

 

tower3
真夏だったので、お花はありませんでしたが、立派な藤棚でした。
夏は良い具合の木陰ですね♪

 

tower4

 

tower5
釜山の街といえば、歴史上、日本軍から韓国を守ったという昔の軍人さん。

 

tower6

 

tower7
この公園についてのうんちくがかかれた石碑です。

 

tower8
歴史的建造物をデザインした建物が、釜山タワーの足元に・・・

tower20

tower19
細かい絵柄や色合いなど、綺麗に再現されているので、楽しめますね。

 

歴史建造物のデザインされた建物の横に、釜山タワーへ入るための券売所があります。

tower9

釜山タワー

 

tower10
釜山タワーへあがるためのチケット販売所です。
今回は、釜山タワーの夜景が見たかったのと、前後のスケジュールから公園を散策することだけにしました。

tower11
チケットは、展望台まで上がるチケットで、一般4,000w、優待3,500wと書いてあります。
中国語の案内は、展望台チケット一人 4000wと書いてあるようです。
 

気持ちの良い眺めが広がる釜山タワー、龍頭山公園

tower12
釜山タワーの足元にある、広場。 向こう側に見えるのは、恋人たちのカギです。
ロッテデパートでも、バンコクでも、また日本でも見かける光景ですが、恋人たちの願いは、万国共通ですね。

tower22
釜山タワーの足元の広場からの景色です。
チャガルチ市場なども見えます。

 

tower21
こちらかロッテデパートも見えます。
小高い丘に来たような感じで、爽快です。

 

釜山タワーの下の建物に入ってみました

tower13

 

釜山タワーのふもとにある建物の中に入ると、面白いものが沢山並んでいました。

tower14
船の模型がずらり・・・
タイタニック号やコロンブスの船など、歴史的に有名な船がずらり・・

 

tower15

 

お土産物も色々見つけられます☆

船の模型の反対側には、たくさんのお土産物が販売されていました。

tower16
韓紙と呼ばれている韓国伝統の「紙」です。
質感は和紙に少し似ていますが、デザインなどいろいろ違っています。

 

tower17
うちわや韓紙を利用したコースターなど・・・

 

tower18
民族衣装を着たお人形や螺鈿細工など・・・

 

釜山のシンボルとロッテデパートの屋上と・・

実は今回、釜山タワーに上らなかったのは、釜山タワーからの夜景が見たいと思い、
後でもう一度来ようと思ったことが大きかったのですが、
後でもう一度来るという事が出来ず、釜山滞在が終わってしまいました…

タワーに上らなくても、それなりに眺望が楽しめたので、次へ持ち越す事で納得することに( ;∀;)
次回は、きっと、釜山タワーからの夜景を楽しもうと思っています!

 

ロッテデパートの屋上の展望デッキからも港などが綺麗に見えるので、時間があればそちらもお勧めです!

ロッテデパートの屋上・展望デッキの記事はこちらからどうぞ!



Sponsored Links



Sponsored Links



関連記事

sponsored link
ページ上部へ戻る