エアコンの修理をしました。…ガス漏れでした

タイのバンコクは、常夏の国。
年中エアコンはフル稼働の、エアコンにとっては、ハードな環境。

エアコンのメンテナンスは必須です。

実は、今回は、4月下旬に掃除をして、ガスを充填してもらったばかり。

4月下旬のクリーニングの際に、まだ4年位のエアコンのガスが全然ないと言われて、
ガスの充てんをお願いするときに、「壊れていませんか?漏れていませんか?」
と聞いたのですが、
「全然大丈夫よぉ!」と言われてました・・・orz。

でも、案の定というか、掃除してから1,2週間で、
エアコンがさっぱり効かなくなってしまったのです。

その日本人の業者も、エアコンの修理はしてもらえるのですけど、
こんな風では、頼めない・・・

地元の業者よりも、高いのにな…と正直思いました。

ということで、コンドミニアムのオフィスに頼んで、
業者の予約を入れてもらって修理を依頼しました。

エアコンを持ち上げて、内部のパイプからガスが漏れていることを確認して、
修理は翌日になってしまいました。
repair-aircon
最初にガスを抜いていました。

repair-aircon2
エアコンの後ろ側の、ガス漏れしているパイプを外して直します。

repair-aircon4
1個ずつパーツを確認して、直してくれています。

 

repair-aircon3
一人がエアコンを修理している間、もう一人がエアコンの後ろ側を掃除してくれています。

今回のエアコン修理は、リビングの大きなエアコンの修理でした。
ガスを一旦全部抜いてしまったので、ガス代が結構嵩んでました…。
トータル料金は、3,375THB.
正直なところ、思ったよりもだいぶかかりました。
電気代が安くなるでしょうから、どの位で回収できるかな♪
(って、修理代は、大家さん負担ですが・・)

修理して、暫く立ちますが、エアコンの効きは抜群に良くなりました。
ドライにしておくだけでも大分涼しいです(*^^)v

バンコクの習慣では、住んでいる間の修理なども大家さんの負担です。

でも、対応までの時間や、内容などは大家さんによって、
随分差があるようです。
小さな修理やメンテナンス程度なら、コンドミニアムのオフィスが
対応してくれるところもありますので、家を見つける時には、
ポイントにしていくと良いですね。



Sponsored Links



Sponsored Links



関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る