釜山の街は、階段の街

観光で釜山を訪れると、南浦洞等の繁華街などがメインになりがちですが、
一歩踏み込んで、住宅街などを歩いてみると、
歴史などが感じられて、釜山の街並みは、とても面白いです。

釜山の町は、山肌に面して切り開かれているせいか、
階段がとても多いことに驚きました。

階段を上ってみると、釜山の街が見えてくる

40-3
40階段です。
40階段は、朝鮮戦争時代に、避難するときにバラバラになってしまった家族達が
待ち合わせ場所に使ったという歴史があります。
また、この辺りは、当時、釜山港からの物資の売買などがされていた場所だそうです。

火事で、数十メートルほど移動して、現在の40階段として残っているとされています。
歴史を見ると、もっと面白いですよね。

 

kaidan1

山肌に面した街並みのせいか、あちこちに階段があります。

kaidan2
kaidan3

この辺りの階段を上ると、すっかり釜山の住宅街ですが、

階段の上を少し登ってみると、3階建てくらいのレンガ建ての古い建物でできたお店など、

昔ながらの釜山の街並みも見る事が出来て、繁華街とはまた違う街並みがとても面白いです。

 



Sponsored Links



Sponsored Links



関連記事

sponsored link
ページ上部へ戻る